デパスとマイスリーを徹底的に比較してみた

まずは、デパスを購入して飲んでみた口コミや感想をチェックして、効果を見てみよう。

気になる商品の成分や副作用を細かく比較する事もできて便利。

 

【このページ内の記事】


デパスの成分と作用

 

日本で発売されている抗不安薬は、単に不安を取るものとしてだけではなく、睡眠薬や他の向精神薬の補助薬として使われており、この成分や効き方によって様々な分けられ方をしています。

 

ここでは処方頻度が高いものである、デパスとマイスリーの違いについてみていきます。

 

デパスは「チエノジアゼピン系」でエチゾラムと呼ばれるジャンルで、また古くからある抗不安薬である「ベンゾジアゼピン系」を基に研究されて作られました。

 

そのため、デパスもベンゾジアゼピン系と同じような安定剤の効き目を持っており、これはベンゾジアゼピン系のカテゴリーに纏めてくくられることがあります。

 

一般的には抗不安薬としての作用だけではなく、ソラナックスとかの他の種類よりも筋弛緩作用(緊張した筋肉をほぐす効果)が高いという特徴があるため、整形外科などでの肩こり・痛みの緩和にも使われています。

 

適切な量・方法であれば安全なものなのですが、きちんとデパスの服用方法を守らないと、ベンゾジアゼピン系ほどではないにせよ容易に薬物依存を起こしてしまう副作用の可能性があると口コミではいわれています。

 

モットン(・_・)雲のやすらぎ【腰痛マットレスの口コミ】

 

マイスリーの特徴は何か

 

一方、マイスリーは「非ベンゾジアゼピン系」と呼ばれる薬で通販では手に入りません。

 

デパスに比べると睡眠以外の効果が少ないという特徴があり、これは主に何かと併用して睡眠導入剤として使われています。

 

また、翌朝に効果を持ち越しにくく、耐性や飲むのを中止した時の反跳性不眠(不眠症状の悪化)なども起こしにくいという長所があるため、依存が形成されにくいといえます。

 

同じ抗不安薬なのにここまで効能や副作用が違う理由は、デパスとマイスリーの性質がかなり違うためです。

 

依存形成の時間の違い

 

まずは、デパスとマイスリーの性質を「依存形成」というような観点からみていきます。

 

性質をみる際には、同じ量を服用した時の強さ(力価)と時間の違いに注目してみる必要があります。

 

ソラナックスのような抗不安薬としては、デパスは「中~強力価」で「短時間型」、マイスリーは「中力価」で「超短時間型」となっています。

 

即ち、デパスはマイスリーに比べて、少ない量でより高い効果が得られるものだといえます。

 

一方、作用時間という面で見ると、このようにデパスは服用後およそ3時間で最高血中濃度に達し、おおよそ6時間程度で半減期をここでは迎えます。

 

これに対してマイスリーは、服用後1時間以内に最高血中濃度に達し、長くても4時間程度で半減期を迎えるとの口コミです。

 

すなわち、マイスリーの方がデパスよりも早く効果を発揮し、早く体内から抜けていくということがわかります。

 

この事実から、何故デパスが依存形成しやすいかを考えていきます。

 

最初こそ根本は異物で頭痛や便秘の副作用がありますが、定期的に服用されるようになると、徐々に体が順応していき、やがて作用が存在する前提で状態が安定するようになります。

 

ところが、そうなると次第に薬の効果を感じられなくなり、開始初期と同じ効果を得るには併用したり、より多くの量を必要とするようになります。

 

これが耐性形成です。そして、そのような体から急に成分が消えてしまうと、体の機能を調節していた力が急に失われ、セルフコントロールが出来にくくなっている体は色々な不調を起こしてしまいます。

 

これがいわゆる「離脱症状」と呼ばれるものの正体で、離脱症状を抑えるためにいつまでもデパスを止められずにいると、やがて不必要なほどの量・頻度で常用する状態、「依存」に陥ってしまいます。

 

依存を起こしやすい発生条件として、「作用が強い(高力価)」「時間が短い」「量が多い」「期間が長い」という4点が挙げられます。

 

つまり、デパス(エチゾラム)はその薬理作用の強さと時間の短さ故に、特に依存形成や離脱症状を生じやすい薬だと指摘されているのです。

 

この点マイスリーは、眠気の時間こそ短いものの、やはり安定剤としての作用の強さがほどほどであるため、デパスに比べれば作用はやや穏やかで依存形成もされにくいといえます。

 

患者によって使い分けるデパスとマイスリー

 

次に、「服用に適している患者」という観点からみていきます。

 

デパスは前述したとおり、効果は強い代わりに依存などの副作用の発作も強めに出る薬との口コミです。

 

そのため、他の効果が緩やかな抗不安薬を服用しても不安・自律神経症状がおさまらなかったという人に、通販などでデパスの処方を考えてみる必要があります。

 

抑うつも持っているため、特にうつ状態を伴う患者様に試してみる価値があるといえます。

 

また、不安を抑える過程で全身の緊張をほぐすため、筋肉の過緊張によっておこる肩こり・腰痛や緊張性頭痛の患者にも、精神科以外の医師によって処方されることがあります。

 

ただしデパスで注意しなければならないのが、筋緊張が低くなることによって転倒リスクが高くなるため、高齢者や運動障害のある人など足腰の弱っている患者様に対しては慎重に投与する必要があります。

 

可能であれば常用するのではなく頓服にして、特に不安症状が強い時にのみ服用させることで、依存や便秘や下痢の副作用を起こしにくくする工夫も必要になるでしょう。

 

マイスリーは軽い不眠患者に処方される

 

一方通販に無いマイスリーは、睡眠の強さから不眠患者様に対する処方がデパスよりも効果的となります。

 

すぐに効く睡眠薬なので、飲んでからあまり長い間活動していると、ふらつきなどの副作用を感じやすくなってやはり転倒リスクがあります。

 

さらに重要なのは、双極性障害(躁うつ病)や統合失調症に伴う不眠にはマイスリーは向かない点です。

 

一概に逆効果とはいえないのですが、おおもとの病気が双極性障害や統合失調症だった場合、睡眠作用があまり期待できないという臨床試験の口コミが出ているからです。

 

もしもこれらの病気で不眠を併発している方は、他の睡眠薬や向精神薬で不眠を改善することを期待した方が良いです。

 

以上のように、デパスとマイスリーにはそれぞれに異なった性質、特性があり併用することもあります。

 

しかし共通している点は、不安や不眠症状を取り、患者様の生活をよりよいものにしていく手助けをする薬だということです。

 

ここで「手助け」としたのは、効果に頼りすぎると、それだけ依存や副作用のリスクが高まるという点でもデパスとマイスリーが共通しているからです。

 

抗不安薬を処方する主治医は、その患者様に処方している種類や用量が本当に適しているかをよく考え、必要であれば離脱症状を起こさない程度に徐々に減薬したり、他のカテゴリーの向精神薬に変えるなどして、患者様の身体的・経済的負担を減らす方向に動いていかなければいけません。

 

一方患者様も、定期的に服用していく中で起こった心身の変化を主治医に伝え、抗不安薬を適切な量と期間だけ服用できるように、自分自身で努力していく必要があります。

 

デパスの効果が続く時間について

 

デパスという処方薬を服用中の方、その名前だけでも聞いたことのある方はもちろん、ない方もこれからお世話になる可能性はゼロとは言えませんので、どんな睡眠薬なのか知っておいて損はないと思います。

 

そもそもデパスとは、1984年に国産の抗不安薬エチゾラムとして発売されて以来、そのカテゴリ内でマイスリーと同様にもっとも使用されていると口コミでは言われているものです。

 

抗不安薬と聞くとうつ病などの精神的な症状を連想されるかもしれませんが、それらのような症状に付随する緊張緩和などはもちろん、不眠や寝付きにくいときの睡眠導入剤としてや、肩こりや筋肉痛などの症状に対する筋弛緩薬としても幅広く使用されている薬です。

 

主な効果としては、自律神経のうちの交感神経に作用して精神的な緊張を緩和したり、頭痛の副作用がある反面でデパスは筋肉をほぐす効果が挙げられます。

 

交感神経は自律神経のうち興奮状態を起こす役割を持つ方ですので、この働きを抑えることで心身ともに緊張状態が緩和されます。

 

このように、適用できる効果の範囲が広いため、本来の目的である緊張緩和を目的とした精神科や神経内科でのソラナックスみたいな抗不安薬としての処方以外にも、内科や整形外科などの実に様々な領域で処方されています。

 

効き目の表れ方としては、個人差はありますが服用後30分ほどで段々と効果が表れ始め、3時間をピークに徐々に作用が下がっていきます。

 

その後もデパスの効果はおよそ5~6時間持続します。

 

この間は半減期と呼ばれ、血中濃度がピーク時のおよそ半分を下回るのにかかる期間です。

 

抗不安薬の中では、デパスの半減期はマイスリーよりも比較的短い部類に入ります。

 

当然、デパスが身体から抜けていくのにどれくらいかかるかには、多かれ少なかれ副作用も個人差がありますので、一概にこのくらいですと断言はできません。

 

あくまでも平均的な目安だと捉えてもらえればと思います。

 

デパスの半減期

 

一日を通じてデパスの効果を通販で得たい場合は、この半減期をもとに服用間隔を考えていきます。

 

一回の安定剤の服用ではとてもではないですが一日持ちませんから、依存が怖いですが日に数回にする必要がある事になります。

 

この辺りはデパスの症状などを参考に主治医の指示に従うのが一番です。

 

一般的には一日三回の場合が多いようですが、添付文書にも「年齢・症状により適宜増減する」とあるように、一日二回の場合や一日四回の場合もありえます。

 

自己判断での増減は非常に危険ですので、効き目が強過ぎるなどの事情で加減したいと思った場合でも必ず医師に相談の上で薬の量を調節します。

 

また、頓服として使用し、一定のタイミングでデパスの効果を得たい場合はピークがそこにくるように計算して飲むこともあります。

 

ピークの実感に達するまでが少々長いため、頓服で特定のときにのみ効果を得たい場合は、マイスリーのような別の睡眠薬を使ったり併用するという選択肢もあります。

 

デパスとマイスリーの副作用の比較

 

しかも、デパスはその効果が強く、様々な症状に効く一方で、比較的に頭痛などの副作用が少ない薬としても口コミから知られています。

 

そのため「万能薬」や「名薬」とまで呼ばれることまでもあるのです。

 

ですが、医療である以上、デパスもマイスリーも副作用もゼロではありません。

 

これまでに副作用として、発作で強い眠気が持続する、ふらつき感を覚える、倦怠感や脱力感などを覚える、注意力や集中力、反射運動能力の低下などが報告されています。

 

他にも、長期期間にわたる服用で睡眠薬に対して慣れてしまい、その効き目を感じにくくなってしまう場合や、マイスリー以上に効き目が強い割に短期間で抜けてしまうため、抗不安薬として使用している際に依存状態に陥る可能性があることも挙げられます。

 

特に注意したいのが依存症で、デパスはその効果の強さと汎用性から様々な領域で処方されているために、二重三重に処方されてしまう可能性をなくすためにも「お薬手帳」を活用するのがおすすめです。

 

眠気や集中力の低下時には、なるべく自動車の運転などを避けるといった対応策も有効です。

 

デパスと違いマイスリーは通販による個人輸入が不可能な理由

 

日本の薬事法で厚生労働省の「医薬品等の個人輸入の通販について」というページで向精神薬は違法になると明記されています。

 

向精神薬というのは中枢神経に作用する麻薬に近い分類になり、服用の方法と用量を厳守しないと危険であるということで病院の医師が処方するようになっています。

 

普通の睡眠薬であるデパスは向精神薬に指定されてないので、個人で利用する分量までならオオサカ堂などで購入することは可能ですが、マイスリーはどこも売ってません。

 

海外に拠点がある睡眠薬を取り扱うネットショップ通販を隅々まで調べましたがマイスリーは存在していないのは、日本だけでなく世界中で監視している為と思われます。

 

危険な販売サイトが現れるとサイト閉鎖に追い込むことで無知な消費者の安全を保っています。

 

同じく記憶が飛ぶという副作用でネットの口コミで有名なハルシオンもマイスリーと同じく向精神薬の効果に該当します。

 

以前に個人同志で売買したことで逮捕に繋がった事件も起きております。

 

危ない?デパスやマイスリーのお酒との併用

 

お酒は百薬の長と昔から言われているもので、確かにリラックスできたり落ち着けるという方も多く存在します。

 

それを踏まえると、昔から毎日の晩酌をしている依存がある人にしてみると、いくらデパスやマイスリーなどを服用しているからと言って便秘や頭痛の副作用で危険とは言い切れないものなのです。

 

ただし風邪薬以上に、アルコールの量には注意しなくてはいけません。

 

特に服用する事に慣れてしまっている状況下においては、簡単にこれくらい大丈夫と判断してしまう事がありますが、特にお酒の摂取量については医師と相談しなくてはいけません。

 

それは焼酎や日本酒でもワインでもシャンパンでも同様で、ビール以外でも併用する際は警戒しなくてはいけない事です。

 

アルコールの強さにもよりますが、どうしてもの場合で我慢する事に対してストレスを感じてしまったり、逆に眠れなくなってしまうこともあるでしょう。

 

そういう場合は併用する事もやむを得ませんが、勘違いしてはいけないのはお酒の摂取量を増やせば熟睡ができるということです。

 

効果は併用する事によって高まる可能性はデパスヤマイスリーに関してはゼロではありませんが、それと同時に危険なリスクや副作用も急上昇する事を忘れてはいけません。